-------- (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015-01-11 (日) | Edit |

インクイジション、ヒューマン貴族審問官のプレイスルー。聖灰の寺院に到着した一行は、裂け目を閉じるべく下へ向かいます。

WinShot_3300

「今こそ我ら勝利の時。生け贄をここへ」

「今の声は何だ?」
「当ててみようか。亀裂を作った者さ」

WinShot_3300

「知ってるか、こいつはレッド・リリウムだ、シーカー」
「私も見た、ヴァリック」
「だが一体全体、何のためにこいつがここに?」

WinShot_3302

「地下のリリウムを通じて魔法が引き出され、寺院を汚染したとすれば……」
「俺の言い草じゃあないがな、こいつは邪悪だ。触るんじゃない」

WinShot_3310

「生け贄の動きを止めておけ」
「誰か、私を助けて!」

「今のは教皇ジャスティニアの声!」

WinShot_3311

ひらり。運動神経良さそうです。WinShot_3312

WinShot_3313

WinShot_3314

WinShot_3315

「誰か、私を助けて!」
「そこで何をしている?」

WinShot_3316

「今のはお前の声だ。至聖はお前をお呼びになっていた。しかし……」

WinShot_3317

ビリビリビリ。さらに高まる裂け目からの音。

WinShot_3318

WinShot_3319

WinShot_3320

WinShot_3321

「ここで何をしている?」

WinShot_3322

「逃げなさい、今の内に!皆に警告を!」

WinShot_3323

「侵入者だ」

WinShot_3324

「やつを殺せ。直ちに!」

WinShot_3325

そして爆発。

WinShot_3326

「お前が、あそこに居た!」

WinShot_3327

「誰が攻撃したのだ?それに、あれは教皇だった……?この幻影は真実なのか?一体我らは何を見ている?」

WinShot_3328

「覚えてない!」

WinShot_3329

「あれは、ここで起こったことの残像だ。フェイドがこちらへ漏れ出している」

WinShot_3330

「この裂け目は封じられてはいないが、閉まっている……今のところはね」

WinShot_3331

「君の印があればこの裂け目を開けることも出来るはずだ、それから封じる、確実に、安全に」

WinShot_3332

「だが開ければ、向こう側の生き物の注意を引くのは間違いない」
「つまり悪魔が来る。警戒しろ!」

WinShot_3333

WinShot_3334

WinShot_3335

兵士の配置を見て小さく頷くカッサンドラ。

WinShot_3336

やれ、とやはり頷いて指示。

WinShot_3337

WinShot_3338

WinShot_3339

皆様おなじみ傲慢の悪魔。

WinShot_3340

「やれ!」

WinShot_3341

弓でペチペチ叩きつつ時折裂け目をクリック。いやー弓ローグ楽だなあ。これ戦士だとめっちゃ大変そう。

「今だ!裂け目を封じろ!」

WinShot_3342

「やれ!」

WinShot_3343

やってますって。

WinShot_3344

不安げに見守るソラス。

WinShot_3345

WinShot_3346

ばしゅーん。緑の光が天空高く登って……。

WinShot_3347

ヘイブンから見守る人々。

WinShot_3348

衝撃波っ!(何故か特定のカットシーンではこのように上下に黒枠が。アスペクト比の問題?)

WinShot_3349

爆風?

スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。