-------- (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-02-15 (水) | Edit |

 DA:Originsと異なり、DA2ではコンパニオンはライヴァルリー100%になっても勝手に家出していなくなったりはしません。
 ではどういう条件を満たせば離脱するのでしょうか?


アヴェリン:離脱無し。無いはず。最終戦においても彼女と闘うオプションは無い。


アンダース:

Act2
クエスト"Dissent"(地下へ)終了後関係を断つと、クリニックからは姿を消すが、後に再登場する。

Act3
クエスト"The Last Straw"(決定打)中で離脱させるか否か選択可能。


イザベラ
こちらを参照のこと。初回プレイでは逃げられて当然かも。かなりトリッキー。


ヴァリック
:離脱条件無し。物語の語り部であり、ホークの分身と言っても良い。


メリル
:離脱条件無し。何でや、なんでこいつ殺せへんのや!(w

(11日追記)あったよ!!よし。やってみよう。
・"A New Path"の後でメリル氏族皆殺し(これは関係無かった。Friend or Foeの台詞が変わるだけ)
・"Merril, Friend or Foe"を実行しない?(恐らく。これが彼女の「信条」クエストに相当するから。だけど、個人クエストを実行しないという条件ならアヴェリンだって離脱させられるのだ)
・最終戦でテンプル騎士を支持。その後処刑塔で、戻って来る必要は無いと伝える。

フェンリス:
Act1
・クエスト"Bait and Switch"(おとり作戦)を受けずに・受けてから終了する前に地底回廊へ出かけてしまう。
・"Bait and Switch"(おとり作戦)終了後、手助けは必要無いという。

Act2

・"Bitter Pill(苦い薬)"の後すぐに行動を起こさず放置し、更にその後のイベント後で彼を助けない選択肢を選ぶ。
・"Bitter Pill(苦い薬)"終了後のクエストでカークウォールから去ることを勧める。

Act3
・クエスト"Alone"中で選択可能。
・最終戦で場合によっては離脱・敵対する。街の衛兵を率いてプレイヤーに立ち向かう彼の姿は一見の価値有り。弱いけど。

……なんで彼だけこんなに多いのか。デヴィット・ゲイダー氏の愛情の裏返しだろうか。

カーヴァー・ベサニー
 ホーク弟妹は排他で、ホークの選んだクラスによっていずれか一人しかゲーム本編には登場しない。
 Act1ラストの"Deep Roads Expedition"(地底回廊の探検)の後、彼らの運命は3通りに分かれる。いずれを選ぶとしても、Act2以降コンパニオンとしては選択出来なり、最終戦まで復帰しない。

セバスチャン:
Act2で彼の個人クエストを終了しないと仲間にならない。
また最終戦において彼とアンダースは排他となり、何れか片方しか残せない。

タリス
:仲間には出来ません。どうでもいい。


スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。