-------- (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-10-16 (日) | Edit |

 DLC:Mark of The Assassinのプレイスルーです。ネタバレ注意報発令中。

 中庭のパーティで聞き込みと鍵探し。有名人続々登場。

war_1902s.jpg

「彼女がカークウォールのチャンピオンじゃないか?」

「まさか!あんな可愛い娘がクナリと戦ったはずがないだろう。」

war_1903s.jpg

「ペリン…いいから黙ってろ。頭が痛くなってくる。」

---

war_1917s.jpg

二人目のガード。

war_1918s.jpg

「何かお手伝い出来る事は?」

「蜂に刺されてしまったの!腫れてきたみたい!メイカー、私死んじゃうの?」

war_1919s.jpg

「何てこと、頭くらいの大きさに腫れ上がって!あなた!ぼうっと立ってないで、手遅れになる前にどうにかしてちょうだい!」

war_1920s.jpg

war_1921s.jpg

「もし私が死んだら…みんなに伝えて…」

war_1922s.jpg

「私はシャトー・ヘインで死んだのよって!」

臭さ爆発の演技。

war_1923s.jpg

「残念ですがお力にはなれません、奥様。場内に入る鍵を持っていませんので。」

war_1924s.jpg

さよけ。

war_1925s.jpg

レディ・エレガント。何故かここにいる。ポーション売ってた人だよね?

「まあまあ。本当にいらっしゃるとは思いませんでしたわ、チャンピオン。」

war_1926s.jpg

「みんなを驚かせたかったから。テダス全土で『一番話題に上る』貴族になる計画の一部よ。」

war_1927s.jpg

「私に言わせて頂ければ、その計画はきっと成功するでしょうね。パーティの方はどう思って?」

「お話ししておいた方が良い人のご推薦は?」

war_1928s.jpg

「あの向こうにいる紳士はフェラルデンのティーガン男爵、レッドクリフ伯の弟君よ。」

「それともちろんシリル卿ね、公爵の息子。」

war_1929s.jpg

「一番性質の悪いのは誰?」

war_1930s.jpg

「あそこの二人の若いお嬢さんを見て?バベッテとフィフィ・ド・ロンセ、ロンセ伯爵の娘達。眼を合わせては駄目よ。後できっと私に感謝するでしょうね。」

ごめん、手遅れだから。男娼がどうとか言ってたねえ。

war_1931s.jpg

「なんだか、ここの人みんなお互いに引き裂き合う寸前のように思えるけど。」

war_1932s.jpg

「(笑い)ロンセ伯爵とワインの間に立たない事ね、そうしないと間違いなく血を見るわよ。」

war_1933s.jpg

「もう少し他の人と話してみないと。」

「失礼するわね、エレガント。行く所もあるし、カナッペも食べないと。どんな風か判るでしょう?」

---

この辺は順番があるのかも知れないし、無いのかも知れないし。レリアナちゃん。

war_1934s.jpg

war_1935s.jpg

「シスター・ナイチンゲール?」

war_1936s.jpg

「チャンピオン!またお会いできて嬉しいですわ、それほど…切迫した状況下に無い所で。(※)」

war_1937s.jpg

「私も……タリス?」

war_1938s.jpg

「レリアナ!あなたにまた会えて本当に嬉しいわ。」

war_1939s.jpg

「今宵はまた特別に綺麗じゃない!髪型もとても素敵よ!自分で編んだの?」

war_1940s.jpg

「間違いなく以前からの知り合いみたいね?」

「ええ、ちょっとだけね。随分昔のことよ。」

war_1941s.jpg

「あなたもオーレイで大勢の人と会ってるみたいね。人生を楽しくしてくれるでしょう。」

「ええまあ、あなた達二人がお喋りする機会が持てたのは良い事ね。」

「ええ!本当に…とっても…思いがけない事ね。」

war_1942s.jpg

「これ以上あなたの時間を取るのは良くないわね、レリアナ。きっと……やるべき事がおありでしょうから。しかも集中力を要する事が。たった今。」

---

エルフの召使い。

war_1904s.jpg

「アンティヴァン・オリーブはいかがでしょうか?アンダーフェルス産の燻製ハムもございます。なんでも絶望の味がするとか。」

どんな味やねん。

war_1905s.jpg

「えっ、それホント?ハムが絶望の味がするですって?そんな味の物を食べようなんて人が居ると思う?」

war_1906s.jpg

「輸入業者が言っていることですもの。みんなそんな風ですわ、『このワインはオークと春の風味があります。こちらのチーズは悲しみに満ちた味わいです』ってね。」

「食事でもっと絶望したいなんて人居ると思う?何の得があるの?」

war_1907s.jpg

「芸術家はそういうのが好きだって聞きましたわ。」

war_1908s.jpg

「台所を覗かせて貰えるなんて期待しちゃだめよね?その絶望的な料理が栄光に輝いてるのを見てみたいけど。」

war_1909s.jpg

「どうでしょうか。持ち場を離れるわけには……。」

war_1910s.jpg

「オリーブの係から離れるなんてあきれた話よね?他の召使い達が何て言うかしら!」

war_1911s.jpg

「階上のメイド達が知ったら、さぞ羨むでしょうね。いいわ、付いてきて下さいな!」

war_1912s.jpg

「お分かりでしょう?あの人達ったら私の事をまるで家具の一部みたいに扱うんですよ!私の上に腰掛けないのが驚きですわ、全く!」

war_1913s.jpg

「チーズはやめておいた方が良いわ。酷い味。」

war_1914s.jpg

「普段はもっと上手くやるのよ。彼女も鍵を持ってないって。(溜め息)こんなややこしい話になるはずじゃなかったのに!」

war_1915s.jpg

「デザート・スプーンを盗んで、壁の下にトンネルを掘り始める方が良いかもね。」

古典的脱獄方法。

「そこまで酷い話にはならないわ。もうちょっと粘りましょう。」

war_1916s.jpg

「さっきの召使いが、鍵は公爵の息子の、シリル卿に渡したって言ってるの。彼を見つけて、鍵を父親に渡していないことを祈りましょう。」

------------

(※)うん、開発工数削減ってのは判ってるんだ。だけどポストキャンペーンのセーブファイルから読み込んでこの応対は無いでしょう……。永遠のチャンピオン。何事も無かったかのようにカークウォールに居続ける"Stable"なチャンピオン。

 まあ、色々難しいんだろうね。今ざっと考えただけでも整合性を取るのは無理だって事は判る。だけど、だったらレリアナを登場させたら駄目なんじゃ無いかな。それこそ永遠の青春物語に赤ん坊が登場するような物で、プレイヤーに「現在」がAct3の"Faith"の後という事を改めて思い出させてどうするの、と。あんたんとこ今ごろ大騒ぎじゃないの?とレリアナに言いたくなる。

 キャラクターの台詞の後ろには常にゲーム内での「現在の状況」と「過去の経緯」が隠されています。ここだって、多分Act2以前からホークを連れてくれば、タリスが先に話しかける事になるんでしょう。だってホークとレリアナはお互い会った事がまだ無いから。ところがLegacyにしてもMoTAにしても、ポスト・キャンペーンの状況はまるっと無視なんですよね。Act3ならAct3というだけ。だから永遠のチャンピオン。

 どれか一つくらい、ポスト・キャンペーン時点でのホークの状況が反映されるDLC、つまり後日談を作って欲しいですね。Awakening見たいな。それはDA3のお楽しみ?うーん。

スポンサーサイト
テーマ:ゲームプレイ日記
ジャンル:ゲーム
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。